ちょっとまって!傷病手当は退職後でも受け取れる

調査報告

【PR】この記事はアフィリエイト広告を利用しています。

社会保険(傷病手当て)について

会社員として社会保険料を支払っている人は誰でも、休職中・退職後の社会保険(傷病手当)、失業(再就職)手当を受給する権利があります失業手当はなんとなくイメージがつきやすい一方、社会保険は複雑な制度と手続きの煩雑さなどから、もらえるはずの手当て金を申請しない人が非常に多いようです。ご自身で調べて申請された方でも申請から受給までに3~4か月もかかり、生活費に困窮してしまうことがあります。制度では、標準課税月額の3分の2を受け取ることができます。

退職後でも手当金を毎月受給できる国の制度があるよ!

転職先が決まらないうちに退職する多くの場合は、心身的に何らかの問題が絡んでいることがほとんどです。わたしも休職した際は、明らかに肉体的な過労でしたが、医師の勧めで休職させるために「うつ状態」の診断書が出ました。自覚のないうつ状態でも、傷病手当の対象に十分なり得るので、遠慮して申請しないのはもったいないです。社会保険料は毎月払ているのですから、当然の権利として堂々と活用しましょう。

全国健康保険協会ホームページより「退職後も傷病手当金の支給を受けるためには条件があります …」

上司からの業務ムチャ振りで残業月200時間、押し付けられたモンスター社員の対応、次年度事業計画作成の押し付け・数値目標の責任転嫁...これ以上続くと心臓発作で死ぬんじゃないか? 休職前は毎日そう考えていました。

結果的には2か月間の休職後に職場に復帰しましたが、待っていたのは自分自身の希望という形にされた降格と減給、上司からは腫物扱いの毎日。自分の場合は悩んだ末に復職を決断しましたが、そのまま傷病手当を受給しながらゆっくり別の仕事を探すということもアリだったかなと今では感じています。

退職後、療養やスキルアップのための勉強などのためすぐに再就職をしない方は、最短で確実に社会保険を受給するため専門サポートを利用することも一つの方法です。サポート内容を紹介しているサイトも多くありますが、こちらではわたしが2か月の休職した際に申請した傷病手当て申請から受け取りまでの経験も交えて「退職コンシェルジュの社会保険給付金サポート」を紹介させていただきます。

退職コンシェルジュとは

表紙

説明してきたように、退職後の社会保険+雇用保険の制度を最短かつ確実に申請・利用するためのコンサルティングサポートです。費用を払う分、安心確実に受給ができます。初心者向けの手厚いサポートが特徴です。

サービスについて|退職コンシェルジュ
退職コンシェルジュのサービスは大きく分けて社会保険給付金サポート、障害年金代行、退職代行の3つになります。お気軽にご相談Read more

利用者の声を見ると安心できるサービスだね!

※資格を喪失する日の前日までに継続して1年以上被保険者であった人は、資格を喪失した際に現に受けていた傷病手当金及び出産手当金を引き続き受けることができます


→さらに、継続して1年以上被保険者に該当しなくても条件を満たせば【失業保険サポート】を受けられる可能性があります

サポートの費用は

料金は?

「退職コンシェルジュ」の気になる料金については、2024年1月確認時点で月額40,000円~となっています。

こちらに期間限定キャンペーンや割引プランなどが用意されていますので、詳しくはWEB説明会でご確認ください。コンサルティング費用としては決して安くありませんが、社会保険を自分で申請するより2か月早く受け取ることができたる考えると、申請の情報収集、書類準備、記載内容確認、困ったときの相談対応もしてもらえれば金額以上の安心が得られます。退職金がある程度の額で受け取れるのであれば、検討の価値ありです。

コンサルティングは、単純に費用の額面を見て判断してはいけません。50万円のサポートで100万円相当の効果がある・手続きの迅速化と安心に料金以上の価値を得られるなどがあれば、充分利用に値する商品と言えます。金額ではなくいま置かれている自分の状況にとってどれだけの価値があるかどうかを内容で考えるべきです。

決して安くないけど、自分にとってはそれ以上の価値あるかも!

どんな人が相談するべきか

困っている女性

退職する人がすべて、このサービスの対象となるわけではありません。次の条件に当てはまる方は、利用を検討すると良いでしょう。

  • 現在の就職先で何らかの精神的・肉体的問題を感じており、退職する可能性が高い
  • 再就職先は退職後に時間をかけてじっくり検討したい
  • 社会保険の制度について詳しい知識がない、手続きに不安を感じる
  • 退職後、療養や家庭の事情でとりあえず休息をとりたい
  • 自分が考えている退職後プランに対して手当の制度が適用されるか不安

退職前からしっかり準備しておく必要があるね!

いつ相談する?

退職してからでは会社からもらう書類や手続き、スムーズに進めるための準備が間に合わない可能性があります。再就職を急がない退職を考えている時点で、まずは相談しましょう。相談の結果が退職を決断する材料になるかもしれません。

傷病手当は、退職後も条件によって受給できる場合があります。いずれの場合も、まずはすぐに相談して損はありません。無料です。

面談の結果、生活していける金額の給付を2年以上にわたって受給できる可能性が分かるかもしれません。それが分かれば、退職に踏み切るか、退職後の人生設計をどうするかのヒントにもなるでしょう。

退職を決める前でも相談に乗ってくれるよ!

なぜ専門サポートが必要なのか?

公的制度ですから、もちろん自分自身で申請することも可能です。しかしながら、対象でありながら実際に制度を利用した人は全体のわずか0.5%というデータもある通り、活用している人はごくわずかです。

自力での申請には次のようなリスクがあります。こちらのリスクに対応することに不安がある方は、サポート利用のメリットが大きいと言えます。

  • 申請方法を調べるのが大変:手続きが複雑
  • 退職する会社、通院する病院に自力で協力を求めることが大変:退職した会社の人事・上司との連絡を取る、医師がお願いした通りの対応をしないなど
  • 健康保険組合から書類不備等で申請を却下されると、却下歴が残りその後の申請・受給に影響するリスク:再発行負荷の書類ありなど
  • 手続きにの間は無収入になるため、キャッシュアウトで貯金切り崩し、生命保険解約など生活防衛費に手を付けなければならなくなる:申請の確認、手続きの不備による審査長期化・再申請などで3~4か月かかるケースも。専門サービスを利用すれば2か月で支給

退職した会社の人事や上司には相談したくないな...

まとめ

非常に複雑な手続きと対象者基準がある退職後の社会保険傷病手当制度は、精神的に追い詰められて休職している状況の中で自力で進めるのは困難です。その分、回復も新しい職探しも遅くなります。次のステージへの準備に集中するため、手続きは専門サポートを利用して確実迅速に進められれば、それなりの費用をかけても健康な体で次のステージに臨めば十分に取り返せるチャンスはあります。

定期的に無料相談のキャンペーンを開催しいます少しでも興味がある方は、この機会にぜひ相談されてはいかがでしょうか。

【公式】社会保険給付金サポート|退職コンシェルジュ
退職コンシェルジュの「社会保険給付金サポート」では、退職前に無料でプロに相談した上で、長年支払った保険料を100%活かしRead more

相談してみてもいいかも!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました